あめ

社員ブログ

ようやく梅雨らしくなってきましたね。

今朝、外を見て雨が降っていると子どもたちはうれしそうに

”カエルの歌”や”あめふり”の歌を歌っていました。

大人には憂鬱な雨ですが、子どもにとっては

傘をさしたり長靴が履ける特別な日のようです。

雨が降ると、楽しみにしていた行事がつぶれたり

洗車した車が汚れたり、嫌だなと思う事が多々ありますが、

雨が降ると農作物が育つ、水不足解消、空気の浄化等、

良いこともたくさんあります。

梅雨の花といえば、紫陽花ですが色によって花言葉が違うそうです。

よく目にする青い色の紫陽花は、土壌のpHによって決まるといわれており、

日本の土壌は弱酸性であることが多いため、青~青紫の紫陽花に

なりやすいんだそうです。

遥のカラーである青や青紫の花言葉は「辛抱強い愛情」「冷淡」「無情」

だそうです。雨に耐えて咲く姿からイメージが湧いてきますね。

ジメジメした梅雨の季節を辛抱強く乗り切っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。