お知らせ

News

テーマ「ツナガル笑顔」

2022年 8月
葬儀プラン:2日の家族葬
場 所  :遥会館
参列者人数:12名

 

「笑顔の姿しか浮かばない」

故人様の印象は?と訪ねると子ども様方は
記憶を巻き戻しながら、ご遺影写真をじっと眺め
語る言葉に気持ちが籠る

「感謝」という二文字

家族全員からは
言葉を揃えているのかと思わせるように
とにかく自慢のお母さんであり
とにかく自慢のおばあちゃんで「人が大好き」


これからも家族全員の合言葉にしていけるよう
「感謝」と「笑顔」で
送り出して頂きたいという気持ちになりました。

 

おしゃれが大好き!!

いつも綺麗にされていて 
息子さんと夫婦に間違われることあり
いつも綺麗で美しくあり続ける故人様は子ども様達にとって

自慢のお母さん

編み物が好きでセーターやベストを編んでくれていたそうです。
初めてスキーに行った時に
編んでくれた鹿のセーター。
小学校の時に編んでくれたベスト。

55年もの年月を共に過ごし、
今も枕カバーとして使い続けています。

どの服も世界に一つだけ
大好きな子ども達への愛のギフト。

自分の作った服を着て元気に遊びに行く子ども達を眺める時間は
故人様にとっては、かけがえのない大切な時間だったのでしょうね





子ども様、お孫様へ
毛糸のリングのお守りを作成








リングを作った毛糸で
お母様が向こうでも編めるようにと
編み物のセットを手向ける

もう一つ4本の糸で作成したリング

 

そして、もう一つは
まだ、毛糸を巻き付けていないリング


向こうでお父様の分も・・・

 

 

 

 

「故人様の生き様が
     残された家族の支えになる」

故人様らしく「笑顔」で送り
その姿を見て。お孫様が「笑顔」になる
「笑顔」のバトンは次の世代にも繫がる

しかし、故人様も
大好きな子供さん達、お孫さん達の
「笑顔」が元気の源になっていたのでしょうね

 
これからも変わらない大きな愛と「笑顔」で
 
私たちを見守っていてくださいという思いを胸にしまい込み

そっと棺の蓋を閉じる瞬間に
 
自然と笑顔で「ありがとう」と

ご家族全員が声に出されていました。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

担当スタッフ
一度ご自宅に帰られて家族の団欒を拝見させていただき
私もとても嬉しくなりました。
普段過ごしていた部屋にお戻りになられて
故人様の顔を見て「笑ってる」とご家族様が言われていた言葉
その意味をお葬式でご家族様と関わるうちに知ることができました

お葬式前のミーティングも「笑顔」「笑顔」とスタッフ間で声を掛け合い
ご家族と一緒に送ることが出来たと感じています。
喪主様には笑顔で「女性に初めて泣かされた」と感謝のお言葉を頂いたときは
私もご当家のお手伝いが出来て良かったと思えたことと同時に
「笑顔」を大切にしていこうと感じました。

この記事をシェアする

資料請求・ご相談は
こちらから